漫画のオヤッさんが言う”身体のスペアパーツは無いんだゼィ!”的なコト。

■フレーム交換

保険会社扱いの事故修理の場合
見積もった価格の適正性とその車両の時価額調査の為
相手保険会社からアジャスター(調査担当)が立会いに来る


この車両の場合車両自体の時価額がA保険会社の場合
6〜7万、修理額の方が大きく上回る


つーと
保険会社は
支払の際、時価額を上回る修理額より低い車両時価額を選ぶ
全損扱いとなるわけだ


でも事故には過失割合ちゅーものがあるし
(過失0ならまだしも)その金額ではなかなか
今までどうりの車両復帰が望めないよね
過失があれば割合分さらにマイナスとなるわけだしね


で、その後のどうするか?となるんだけど
たとえば次の車両の購入の為の足しになりゃーイイか
みたいな人ならイイけど、そういうわけにいかないつー人もそりゃいるわな


今回は相手側の保険に修理の超過特約が付帯しとりまして
時価額を超える金額を支払えますよというコトになったわけス
ただ必ず修理を遂行しなくてはならず、修理過程にもチェックが入る


保険屋さんとしてはコストのかかる特約だ


ま、そんなこたーオレにはかんけーネェーけどね


よほどの、お気に入りバイクじゃなけりゃーさー
”もうチョイ、価格は落ちますが新しい物を買う為に支払えます”
って交渉した方が保険屋さん側にもイイ気がすっケドね?


頭のイイ人が考えるコトはよーわからんス


ちゅーかね、事故は痛いし案外メンドーで体力使うから
しないにこしたことはナイね